顧客との信頼関係を作るために

Secure Technologies ビジュアルアイデンティティ

幅広い輸入販売を行う株式会社セキュアテクノロジーズでは、 主にオーガニックな化粧品やサプリメントを扱っていました。 設立前から関わったこの案件では、 「長く続く安心」という企業コンセプトの設定から始め、 それをシンボル化したロゴマークとコンセプトビジュアル、名刺、そしてデザイン上の 規定をまとめたガイドラインの制作を行いました。

コンセプトビジュアル

今はどのような規模のビジネスでも「ブランド」の重要性が語られていますが、 その中で大切なのは企業コンセプトが 長い間をかけて実行され続けることだと考えています。 そもそも企業コンセプトというものは活動の指針になると同時に、「その企業らしいお客さんとの約束」でもあると思います。 その約束が様々な場面を通して守られ続けることが信頼 =ブランド構築につながっていくのではないでしょうか。

会社名のイニシャルとなるSとTをモチーフにデザイン。

そうしたブランド構築プロセスの中でのデザインの役割は、 イメージアップはもちろんのこと、 その企業コンセプトの「見える化」だと言えます。 コンセプトやサービスの質といった形のないものに見える色や形を与えることで、 顧客に覚えてもらいやすくすることを目指しています。

プロジェクト概要:

  • ロゴマークおよびコンセプトビジュアル
  • デザインガイドライン文書ほか

期間:

  • 2007年(2ヶ月)

カテゴリー:

  • アイデンティティ
  • ----
  • Client: (株)セキュアテクロジーズ
  • CD / AD / D: H.Iwanami